HOME > 髭のお手入れ

髭のお手入れ

 

ヒゲはセクシーな男の象徴

                                            

ヒゲは男の象徴。ヒゲの似合う男はセクシーだ。

ここ最近、ファッションのせいもあって日本でもヒゲを生やす男性が多くなってきました。
年配の人たちに加え、ヒゲを生やしている若い男性もよく見かけるようになり、ヒゲもファッションの一部になった時代です。
脱毛したり、眉を整えたりして女性化傾向にあった日本の若者たちが、その反動であるかのように男の象徴であるヒゲをたくわえ始めたことは面白い事ですね。

これは、ブラッド・ピットやデイビット・ベッカム、中田英寿、イチローなどの国内外のヒゲの似合う有名人がトレンドセッターとして影響を与えてきたためでしょう。しかし理由はどうあれ、日本でヒゲを生やす男性が増えていることを喜ばしいことだとおもいます。

最近の流行は長さを短く薄くしている傾向が多いです。
当店のお客様にご協力いただきました。
ヒゲファイル!

タイプ別ヒゲ
ヒゲのタイプと印象づけるイメージ

それでは、ヒゲのタイプにはどのようなものがあるのだろうか?たくさんある中で代表的なものを5つ選び、それらのヒゲがどのような印象を与えるかを紹介しよう。

■カイザル髭

鼻下に細くのばした口ひげ。昔の軍人などによく見られる、先端をピンと跳ね上げた口ヒゲです。画家のダリやファッション・デザイナーのジョン・ガリアーノが生やしている髭と言えば分かるだろうか。よく言えば利巧そうに見えるが、きざで革新的なイメージを与えるヒゲです。

■コールマン髭

鼻下に濃く太く伸ばした口ひげ。俳優のトム・セレックや大竹まこと、藤達也などが生やしている口ヒゲ。時代を問わず、ダンディで男らしい力強さと知的で洗練されたイメージを与える。髭の濃い人には向いているが、薄い人は生やすのが難しいです。

■カコミ髭

鼻下の口ひげからあごにかけて伸ばしたひげ。英語では、フル・ゴーティエ(Full Goatee)(ヤギのひげという意味)と言う。ファッショナブルな業界人的なイメージを与える。毎日のきちんとした手入れを必要とするヒゲです。

■フジ髭

あごの部分だけに伸ばしたあごヒゲ。俳優のブラッド・ピットがしていたことで有名。今ではファッショナブルなイメージも強いが、もともとはヒッピー的な自由奔放のイメージを与えるタイプのヒゲだったそうです。あごのラインの弱い人が、アクセントをつけるために生やすとよく似合います。

■カストロ髭

鼻下からあご、もみあげにかけて伸ばしたヒゲ。三国連太郎がこのタイプのヒゲを生やしていることも。男性的かつ粗野なイメージを与えるヒゲ。あごのラインの弱い人や顔の幅の狭い人に特によく似合います。

新潟ホームページ制作・シーエスレポーターズ

Copyright (C) Yoshizawa All Rights Reserved.